大事な開業資金が消えてしまいました

株のモニター画面あれは私が独立を決意し、会社を辞めた直後のことです。
当時私はサラリーマンとして5年ほど勤め、ようやく開業に必要なまとまったお金を貯めることができたので、それを元手に雑貨店を開業しようとしていました。
会社を辞める前から店舗物件を探して不動産巡りをし、退職直後にようやく理想の物件を見つけました。すぐに契約。

契約時には保証金、礼金など200万円が必要でした。さらに店舗工事や初回仕入れであと800万近くかかります。つまり全部で1000万円必要になりますが、もともと想定していた金額なので特に問題ありません。
私は支払いの準備に取り掛かろうとしました。実は「まとまったお金」と言っても、この時点ではまだ「お金」ではありませんでした。
「株」でした。サラリーマンの給料だけではまとまったお金にはならないと考え、株式投資で資金を増やしていたのです。その株が時価1000万円相当あり、それを売って開業資金とする予定でした。
ところが、いざ換金しようとしたところ、ある事件によって株価が大暴落し約半分の500万円になってしまいました。もともと私にはお金を借りることの出来る人はいません。なので自己資金だけで開業しようとしていたのです。
まさかこんなことになるとは、夢にも思いませんでした。しかし、「ここでこの理想の物件を逃してはいけない」と考え、物件の契約に必要な200万円を払い、工事業者には必要最低限の内装のみをお願いし、あとは自分で手作りしてなんとか開業しました。
その後、お店が順調に回りだして余裕資金が増えたので、数ヵ月後に追加工事を行い当初想定した店構えになりましたが、
一時はどうなることかと思いました。