子どもが入学時に、毎回体調を崩す夫

入院してベッドに寝る男性子供が入学を控えている冬になると、必ずと言っていいほど、仕事中にわりと回復に時間のかかる怪我をしてくる夫。平均全治3か月。しかも、傷病手当は少ないし、入ってくるまでには時間もかかる。冬のボーナスは、入ってくるけれど、休んだ分だけちゃんとカットされてた。

複数人の子供がいれば、仕方のないこととは言え何かとお金はかかる。生活もギリギリ、入学準備もギリギリ。入学記念の写真を撮れなかったので、子供には悪かったなぁと思った。

会社の人からと身内から入学祝をもらって、どうにかギリギリ。正直なところ、ちょっと危なかった。

この数年後、再び小学の入学式を控えていた子供がいた。同じような時期にまた怪我をしてきて、数か月休むことになった。

3番目が生まれて3か月後のことだった。首も座ってない子供がいるし、夫がいると何もできないので入院をしてきてほしかったが、断固拒否。生命保険に入っているので、入院してくれたほうが給付金が下りるので、あとでどうにかなるものの家にいるんじゃしょうがない。
入学準備を諦めた。

その年は、やたらと家族が病院にかかり、医療費が家計をものすごく圧迫してた。傷病手当があっても全然足りないので、会社に事情を話して貸付を受けることにした。もちろん怒られたけれど。

入学準備は最低限で。机は知り合いからもらい、身内からの入学祝はお返し不要にしてもらい、会社の人にはお祝い返しをした。2度目のピンチも、周りの人の配慮でどうにか乗り切った。

3度目のピンチは、上の子2人の中学と高校のダブル入学だった。しかも、今度は労災ではなくて病気だったので、当たり前に医療費がかかるのが目に見えた。また、ピンチがやってきた!

入学費用を入院代に充てて、その場をしのいだ。保険の給付金が入るまでには、ちょっと時間がかかったので、正直なところ生活も危なくなってしまってた。入院代だけではなくて、雑費もかかるので、出費は半端じゃない。

児童手当が入ったのと、会社と身内からお見舞いをいただいたので、どうにかなった。その後、入学祝もいただいたので、なんだか悪いような気がしたが、それどころではなかったので、ありがたく頂きました。

周りの人のおかげで、どうにか乗り切りました。本当に助かりました。

なぜ入学を控えている時に、こうなるのかは謎です。
次は3番目の中学の入学か、2番目の高校入学だと思っている。

アルバイト掛け持ち始めます!

ソフトボールする女子子供の頃から貧乏でした。成人しても、結婚しても、母親となった今も貧乏には変わりありません。などと言うと主人に申し訳ありませんが、30代夫婦の平均以下の収入しか無いのが現状です。そして今が最もピンチ!!

もともと収入が低いのにカッコつけたくて、みんなと肩を並べたくて、見栄を張りたくて。カードローンにクレジット、キャッシング、ありとあらゆるお金に手を出しました。で、気付くと首が回らないほどの状態に。

そこに輪をかけ、長男の小学校入学に伴う出費、ランドセル・スーツ・机・・・。周りからのお祝いなどもありましたが子供の為とまた見栄を張ってしまいました。そして、次女はソフトボールのスポーツ少年団に入団。スパイク・ユニフォーム・スポーツウェア・ソックス・・・。毎週のように練習試合だ、合宿だとお金を徴収され、車も各家庭で出さなければ行けません。我が家の愛車はセダンタイプだったため買い換えを検討しましたが、カッコつけたがりの主人が選んだのは中古でも360万円もする高級車だったのです。わたしの意見はほぼ却下で決定されました。

そして今。日課となった支出と収入の計算をしたところ、過去無いほどの支出の多さで絶句してしまいました。そこで、現在も1日5時間、週5回ほどドラックストアでアルバイトをしていますが、もうなりふり構って入られません。今はやるしか無いと思って、あらたな仕事を探しているところです。

海外生活でのピンチを乗り切った体験談

シェフのイラストワーキングホリデイでカナダへ行った時、口座残高が6万円という非常事態に陥りました。

元々、資金も豊富にあった訳じゃなかったので語学学校を卒業してすぐ仕事を見つければどうにかなるだろうと、英語もろくに話せないのに安直に考えていたのが失敗でした。しかもその残高6万円から翌月の家賃の3万円を支払うと残高3万円。

日本なら親に電話してちょっと貸して~と言えば済むかもしれませんが、海外だと送金して貰わないといけないのでお金も時間がかかります。

それに、反対をおしきってワーホリへ来たので親には頼りたくないというプライドもありました。
とりあえず働くしかないと思ってたので10枚くらいの履歴書を作り仕事を探し始めました。当時語学学校を卒業したばかりで全然英語力はなかったのですがとにかく必死でした。

自分の足で求人情報を貼ってあるレストランへ飛び込み、何件か面接を受けましたが英語力がないので不採用。
どうにか今の現状を打開しようと思ってる所へネットで見つけたレストランのキッチンの求人情報へ連絡してみました。
すぐ面接してくれるという事だったので、とりあえず自分を一度使ってもらうしかないと思い、面接では「自信があります。働きます」をただ連呼(笑)面接を担当してくれたシェフはあきれ顔で「なんで英語も話せないのにそんなに自信あるの?じゃあとりあえず今日から3日間使用期間として働いてもらってよかったら採用するよ」と言われその日に働く事に。

結局、その日に働いて仕事ぶりが評価され即日採用になり、なんとかピンチを乗り切りました。人間、本当にピンチになればなんでも出来るなぁと感じたと共に今まで考えもしなかった「貯金」を意識した瞬間でもありました。いい勉強でした。