不満だらけの職場を退職!自由の身になった結果。。

飛んでいくお札寿退社という形で会社を辞めました。彼も同じ職場で働いていて、社内恋愛は禁止されていたこともあり、会社に残ることができませんでした。しかし、個人的に私は会社に残るつもりはなく、むしろ長らく勤めていた会社に不満を持ち続けていたので、彼の勧めで結婚を機に退職・転職しようという流れになりました。

以前勤めていた会社は、観光バス会社でした。職業柄3日先までしかシフトが決まっていないうえに、12時間以上拘束されるような職場でした。時給は約300円前後と激安で・・・休日返上で仕事をしないといけないので自由の時間もなく。辞めることを決めた時、やっと自由になれる!!!と両手を挙げて喜びました。

そして、退職してからはというと、彼の「なるべく家にいて欲しい」という意向もあり、専業主婦をすることになりました。専業主婦といっても、あまり主婦らしくはなく、今まで遊べなかった分を取り戻そうと、友人たちと予定を立てては遊ぶようになりました。

しかし、人間生きてるだけでお金がかかるんですね。保険料・年金ときて、奨学金、月の携帯代等合わせて、5万円近くに及び、黙っているだけでお金がなくなりました。加えて、遊び代も結構かけてしまったので・・・・とっても厳しい経済状況に。

今更になって彼からも「もう少し節制しなさい」と一言。現在、収入もないので、人生で一番ピンチな状況になってしまいました。

人生最大のお金のピンチ!銀行残高500円!!

500円玉大学で専攻したドイツ語の単位が取れたので、ご褒美で行ったドイツへの卒業旅行からの帰国後、銀行残高が500円になってしまったことがあります。私は予てより、ドイツ旅行に行きたい!と強く思い、バイトをしてお金を稼いでいました。(バイト代はかなり安く、時給350円でしたが・・・)

最低限のお金を貯めて、いざドイツへ・・・!!約3週間のドイツ旅行は、とても刺激的で楽しいものになりました。見るもの触れるもの全てが初めてで、大興奮だった私は、この日のためにつくったカードを駆使して、観光地や美術館の入場料金を払い、お土産を買って、カフェやレストランで美味しいものを食べました。無事に旅行が終わり、大満足で帰宅した私でしたが・・・・カードの請求額を見てビックリ!!!引き落としにしてはいたものの・・・残ったお金は、500円ぽっちとなりました。

今まで見たこともないような素晴らしいものをたくさん見れたし、お土産もみんな喜んでくれたし、もれなく私も美味しいもので少し肥えてしまったような大満足な旅行だったのですが・・・これは少し痛かったです。社会人になり、地元を離れることになっていたので、この貧乏具合は流石に、辛いものがありました。

今となっては、それがトラウマになっておりますので、最低でも口座のけたが、6桁(○十万円)ないと不安で仕方なくなります。お金は大事ですね。

上京して一人暮らしで無計画さゆえにピンチに!

お腹が空いた女性10年近く前にどうしても上京したかった私は、貯金30万持って少しの荷物を持って勢いで東京に来ました。仕事先はとりあえず稼がなければ!と夜の高収入ワークへ。日払いである程度のお金はもらえたが、洋服代、交際費などで日払いもすぐ飛んでいってしまいます。

そんなその日暮らしを続けていると、貯金も底をつき、給料も生活費などでかかるため毎日がぎりぎりの生活を送っていました。寂しさのあまり、友達と毎日一緒にいて朝方まで遊んだり余裕がないのにタクシーを使ったり、お寿司をおごったり。一人になるとできるだけ節約してました。

しかし精神的に限界が来た私は家に引きこもるようになりました。給料も入ってこない、貯金もない、外に出るのが怖い、悪循環に陥りました。食事は節約のため1日1食、お菓子で過ごしたこともありました。お財布の中は何百円しか入ってません。何もできませんでした。

とりあえずおごりで誘ってくれる人もいたので、そういう時だけきちんと栄養が摂れました。短期バイトで日払いの所を探しなんとかその日暮らしを続け生活してこれました。今ではお金がなくなるのが怖くて買い物はじっくり考えてから購入するなど金銭感覚がしっかりしたと思います。見栄を張ることもなくなったので、今は貯金もできています。ある程度計画的に使う方が後々困りません。

母は子供の為なら無理でも奮闘するのです

勉強する女子学生独身の時は多少お金に困っても、自分を抑制したりして我慢をすれば、何とかなった様に思いますが、家族子供が出来るとなかなかそうはいきません。これが欲しいあれが欲しいと子供はよく言います。周りの人達もみんな持ってるからとも言います。

完璧にそれって自分が欲しいだけで我がままでしょうと思う時は、他所は他所で、家は家と言いますが、塾に行きたいや進学などとなって来ますと金額も大きいですし、将来が掛って来るので大変です。希望するところに行かせてあげたいと思うのは、私だけに限らず世の親御さんの大半が思うところではないでしょうか。

普通に共働きでフルパートで働いても、家のローンも有ったり結構ギリギリです。そんな時、パートで働いていた会社と家の間(通勤途中の道沿い)にスーパーが出来たのです。これに応募して働く事にしました。(Wワーク)今考えると結構無茶だった様にも思いますが、必死でした。月5~6万円位になり、塾代につぎ込みました。

結局一年半ほどで辞めましたが、寒くて雨とか降る時も自転車で塾にせっせと通って頑張っていたので、逆に収穫も一杯有ったのではと思っています。Wワークに対しては、フルパートで働いていた会社の数人から、誹謗中傷(両方キチンとなんて出来ない、いい加減にやってるなら会社辞めろ)を言っている人も居ましたが、それも含めて良い経験が出来たと思います。

残高857円?!人生最大の金欠

家計簿みてため息の女性その年は行事が見事に重なり、家計は火の車、人生最大ピンチに陥りました。

まず最初は次女の出産がありました。出産費用はもちろんですが、長女の出産時と全く違う気候でしたので洋服などおさがりが使えませんでした。

次に引っ越し、大阪から愛知県に引っ越しして50万ほどかかりました。そして引っ越し先は車がないと不便な場所でした。元々一台は持っていましたが主人の通勤で使うので一台購入する事になり、100万ほどでなぜか一括購入。

次はお義兄さんが結婚するとの事でご祝儀を10万出しました。しかも東京での結婚式でしたので家族でそちらへ向かう交通費も結構かかりました。

さらに引越してきた所は雪も良く降るようで、スタットレスタイヤに変えた方がいいとのこと。ディーラーへ持っていき20万ほどかかりました。このあたりで貯金もかなり崩しており、マズイなと思っていたのに関わらず、なぜかマイホーム計画が急に進み、ちょうど欲しいと思っていた物件を少し安く購入できるとのことで購入することに。

頭金300万を現金で支払い、その時の残高が857円でした。一年で500万以上の出費で家計は最大のピンチ、もやしばかり食べていました。今は少し回復しましたがまだまだ道のりは長そうです。