趣味にお金を使いすぎカードローン地獄に

アイドルグループ私は中学生の頃からとあるアイドルグループが好きで、中学校、高校の時はお小遣いを貯めてコンサートに行っていました。専門学校に入学後はコンサートに行くための費用を捻出するためにアルバイトを始めました。アルバイトを始めるとまとまった金額がもらえる為、私の金銭感覚はどんどん麻痺ていきました。

もっとコンサートに行きたいと思うようになり始めた時期に、友達と出かけたデパートで進められるままクレジットカードを作ってしまいました。そのカードには20万円までのキャッシングがついていました。ちょうどその頃、コンサートツアーの真っ最中でアルバイト代だけでは足りないチケット代をキャッシングから引き出し使用してしまいました。

当時の私は、コンサートは今月までだし、来月のアルバイト代で返したら大丈夫と思っていました。しかし、思えばそれが間違いでした。それからはアルバイト代が底をつけばカードでキャッシングする生活を続け、気がつけば限度額いっぱいまで借りてしまっていました。

当然アルバイト代は全てキャッシング返済に消えて、足りない分は友達に借りたり、新たに別にカードを作成しそこからキャッシングして返済にまわしたりしていました。そのままなんとかやり過ごし、社会人になって初めてのボーナスでやっと全額返済出来ました。

返済後に、クレジットカードは全て解約しました。今思えば非常に無計画な事をしたと反省の気持ちしかありませんが、学生のうちにお金の大切さと恐さを知れたおかげで今はお金には非常に堅実な生活を送れています。

嬉しいことだけどご祝儀が重なりすぎて困る!

おばあちゃん今年の春先に私の妹の結婚式、義妹の結婚式、友達の結婚式、友達の出産、義母の還暦祝いなどおめでたいことが重なってしまいました。普段から毎月ギリギリの生活をしていたので、こんなにもお祝いごとが重なりご祝儀も包まないといけないし、本当に困りました。

貯金もまだあまりなく崩してもギリギリの生活になってしまい、今後の生活に支障をきたしてしまうのでどうしようかと思っていました。キャッシングを利用しようかと検討もしていたのですが、借金が増えて利息もかかるし本当に悩んでいました。親にも恥ずかしくてお金がないなんて言えないし、ご祝儀を包まないわけにもいない。

主人とどうしようかと悩んでいたのですが、そんな時昔から私のことを可愛がってくれている私の祖母が、「色々と入り用だろうから、これ使い。みんなには内緒にしときよ。」と言ってまとまったお金をくれたのです。祖母は昔から私が困っている時にはソッと助けてくれるのです。私から言わなくても祖母はわかっていたみたいです。今までも何度か助けてもらっていますが、今回は本当にピンチだったので助かりました。祖母には感謝してもしきれません。いつか恩返しがしたいです。

年末の物入りな時期に起きた事。

はたきを持つ男性ある時…。勤めていた会社でモラハラに巻き込まれました。ハロウィンが終わって街中のディスプレイもクリスマスに変わる時期に。まあ、クリスマスと年末年始は引き篭もってやり過ごすとして…。毎月支払うべき物は?税金は?年金は?保険料は?
とりあえず会社側の非が認められたから、雇用保険に助けられ、保険料等も免除が効きました。

しかし私がこのピンチを乗り切れたのは、年末の大掃除と称して始めた部屋の掃除です。重複して購入してる文房具や消耗品。似た様なデザインの服。改めて無駄遣いしてた事に気付かされました。それらと共に、使わずに取っておいた物、頂き物、部屋で眠ってた品物をオークションやフリマに出す、出す、出す。

びっくりする程の高額にはならなかったけれど、部屋の片付けと姪っ子達のお年玉程度の売り上げには繋がりました。入金の確認や荷造り、発送で何度も郵便局へ行く事になったのは大変だったけど、家計の見直しにも繋がり、掃除も出来て一石二鳥だったと思っています。

ただ、黙々と掃除をするだけではなく、落札者さんとのやり取りや、入札があったかを楽しみながら行う事が出来たのも良かった。こんなピンチは二度と御免だけど、なんでも楽しめば良い思い出になるものですね。

大好きな恋人に誘われてギャンブルに

スロット私が専門学校を卒業し医療事務として働いていたころ、私にはひとつ上の恋人がいました。学生のころの恋人とは違い将来を考えていましたが、ギャンブル(パチンコ、パチスロ)が大好きだということ、本人のみならず家全体が貧乏だということ、この2つの欠点が結婚へ踏み出すにはネックとなっていました。

そんな中「ちょっとだけ遊びでやってみなよ」と言われ、初めてパチスロを打ったとき、ビギナーズラックで10万もの勝ち分を出してしまい、少しずつパチスロに対する抵抗が薄れていきました。

それと同じころ、恋人の家族から「借金の返済で、どうしても30万必要なんだけど、必ず返すからどうにか貸してもらえないだろうか」と泣いて頼まれ、まだ若くもコツコツと貯金し、手元に100万は貯蓄があった私は、必ず返してくれるなら、と納得し貸してしまったのです。

今考えると本当にばかなことをしてしまったと思いますが、当時はその恋人が本当に大好きで、もう自分にはこの人以外ありえないと思い別れるなんて絶対にないと思っていました。その後、職場の人間関係が原因で私は仕事をやめ、再就職するまでは恋人とパチスロの毎日。負けが続いても、なにか理由をつけては毎日打ちに行っていました。

気づいたころには100万以上あった貯蓄が底をつきそうになり、そんなときに恋人の家族からまたお金を貸してほしいと言われたのです。計算してみると、その月の生活ができなくなることに気づき、さすがに断りました。と言うより、恋人と別れました。このままではもう破産してしまう。そう思うと、大好きだった恋人もパチスロもスッと自分の頭から消しざるを得ませんでした。

昔から貯金が好きだった私は、早く別れるべきだった恋人に依存し、もともと嫌いだったギャンブルに依存し、自分の貯蓄がなくなるのを肌で感じてやっと抜け出せました。その後、恋人の家族からは少しずつお金を返してもらっています。