彼氏にカードを使われ大ピンチになりました。

引き出しのあるデスク以前一緒に暮らしていた彼氏にカードを勝手に使われてしまいました。使わないカードだからと引き出しに書類と一緒に入れっぱなしにしていました。そんなことする人だとも思わず、すっかり信用しきっていました。ある日突然カード会社から明細が届き、ガソリンやゲームやカー用品に20万円使われていました。

彼を疑うことなくまずカード会社に連絡してカードが勝手に使われている、すぐ止めてほしいと伝えました。カードが引き出しからなくなっていることにやっと気付いた私は彼に連絡して確認しました。彼は最初は知らないと言ったので慌てて警察に行き、事情を説明しました。すると警察の方は彼にもう少し話しを聞いてみて、冷静に考えて彼しか使える人はいないでしょうと言いました。

これで被害届を出して彼が犯人だったら彼を捕まえることになりますよと言われ冷静に考え始めました。家に帰ってもう一度彼氏に聞くと「ごめん、俺。」と言ってきました。さらに実は仕事をやめていて収入が来月からないことも知らされました。私も貯金もほとんどなくて収入も低かったので唖然としました。翌月からの家賃などの支払いを自分の給料からしていくことになってしまい、困りました。結局ご飯を食べていくこともできなくなり別れました。

自分の不注意が招いた人生最大のお金のピンチ

2枚のチケット数年ほど前、私はとあるアーティストのコンサートにどうしても行ってみたいと熱望していました。しかし、ファンクラブに入会していてもなかなかチケットが取れません。友人知人にもファンクラブに入会してもらいチケット争奪戦に協力をしてもらっていましたが、それでも誰も当選することが出来ず、もはやファンクラブからチケットを取ることは不可能なのではないかと諦めかけていました。

そんな中、とあるオークションサイトを見ていたら、その自分がずっと狙っているアーティストのコンサートのチケットが出品されているのを見つけました。そのアーティストのコンサートがオークションに出品されているのは以前ら知っていましたが、とんでもない金額で取引されていて、自分にはとても手が出せないと諦めていました。ところが、今回自分が目にしたものはいつもの相場より一桁安いものでした。

これなら自分でも購入出来ると思い切って入札をしました。結果、桁がひとつ上がることなく自分が落札することに成功しましたが、喜んでいたのもつかの間、いざ出品者さんとやり取りを始めたら自分はとんでもない事実に気付いてしまいました。0をひとつ見落としていたのです。自分は一桁違いのものを落札してしまいました。それを払うことは自分にはとてもじゃないけど出来ません。

当時自分はまだ学生でバイトしかしていなかったからです。かといって、今更0をひとつ見逃してましたなどと出品者さんに言えるわけありません。結局、その時は親に借りてその後数ヵ月かけてバイト代を貯めて返しましたが、一桁見落としていたとわかった瞬間と親に返済が完了するまでは、かなりピンチでした。

旅先で財布を紛失してしまい、一文無しに

財布それは数年前の出来事です。フェリーを使って北海道へ行きました。その日はホテルに泊まり、翌日またフェリーで帰る、という予定でした。

北海道について朝食を済ませ、特に予定もなくしばらくその辺をぶらぶらしていて…気づいたら、財布を落としてしまっていました。青くなったのは言うまでもありません。フェリー代は支払済みでしたがホテル代がありません。旅行中に食事をするお金も。お土産どころではありません。

普段、旅行をする際は、財布を2つ持つようにしています。片方を落としてもどうにかなるためです。現金は多めに持ちます。クレジットカードは、いつも使いすぎてしまうため、持ち歩かないようにしているんです。しかし、このときは「短い旅行だし、お金もそれほど使わないから財布は1つでいいや」と、予備の財布も現金もありませんでした。それが裏目に出てしまいました。

クレジットカードがあれば買い物やホテルの支払いはできます。現金が必要ならキャッシングもできます。しかしクレジットカードはなく、あるのはゆうちょ銀行のキャッシュカード1枚のみ。でも、ほとんど残高はないんです…。現金はすべて財布の中だったので、ジュースの1本も買えない状況に、頭を抱えました。

すぐ歩いたあたりを探しましたが、どこにも見当たりませんでした。かなりの距離を歩いていたため、さっぱり見当もつかず。必死で考えました。そして思いついたのが家族の存在。時間が空いていそうな家族に連絡をし事情を説明。手元にあるゆうちょ銀行の口座へ入金をしてもらいました。

すぐに反映されたためお金をおろすことができ、予定通り日程をこなし帰宅。家族にはすぐにお金を返しました。知人もいない見知らぬ街で、お金を落とした時の絶望感は忘れられません。結局財布は見つからず。

お金をなくしたうえに家族からも借りたため、その月は家に帰ってからも給料日まで、ずっとお金のない状態だったのもつらかったです。それ以降、旅行の際はウォレットチェーンを財布につけて、絶対に落とさないようにしています。ああいう思いは二度としたくありません。