旅行先で財布を無くして大ピンチ

財布を盗む手京都に1人旅行をしに行った時に財布を取られました。その時は仕事の疲れを癒すための、前から行きたかった2泊3日の旅行。京都は中学生の時の修学旅行以来だったので、実に5年ぶりくらいの訪問でした。そのため京都に付き次第すぐに金閣寺に行ったり仁和寺に行ったりと、とにかく色々な場所をハイテンションで見学しました。

また帰りの新幹線の都合も有りますから、丸1日観れる中日はより気合を入れて観光したのです。そのせいでカラダがクタクタに疲れてしまい、観光を終えて駅前のホテルに向かう電車の中でうっかり寝落ちしてしまいました。そして京都駅に到着した事を察知し下車した後、飲み物を買うためカバンの中に手を入れたらカバンの中に財布が入っていない事に気が付いたのです。観光している間は当たり前ですがカバンの中に財布が入っていて、どこかで落とした記憶も有りません。考えられるとしたら、電車で寝ている時に取られたって事だけでした。

財布の中には現金のみならず銀行のカードも入っていましたから、もう頭は真っ白です。手持ちのお金が無い銀行に下ろしにも行けないという状況で、どうやって帰れば良いのかと酷く不安になりました。警察を呼ぶ事も考えましたが呼んだところですぐに財布が戻って来る保証も無いですし、何より旅行先で事情聴取を受けるのも嫌でした。また銀行のカードを止めなくちゃならないけどやり方が分からないし、もう折角の旅行が台無しになるくらいその時の気分はブルーでした。

けれど私が1人でてんやわんやしている時、偶然にも携帯電話に着信が来たのです。電話をかけてきた相手は、その時喧嘩中だった父です。父は私との喧嘩での暴言を詫びるために電話して来たようでしたが、もうそんなのどうでも良いって思いでした。父の声を聞いて安心して、泣きじゃくってしまいました。父は本当に驚いていましたが私がしゃくり上げながらなんとか財布をスられた事を報告すると、場所を聞き出し京都に住んでいる親戚に連絡を取ってくれました。

その行動が素早くて、私は子どもの頃みたいに父の指示に従って行動するだけでした。それで迎えに来てくれた親戚にお金を借りて、なんとか帰りの資金を調達する事が出来たのです旅行先で財布をスられるなんて考えもしませんでしたけど、確実にお金に関する人生最大のピンチだったと思います。あの時父が電話をくれなかったら、どうなっていたのかと思うと、やっぱり親って凄いって気持ちになります。しかも嫌な経験では有ったけれど、そのお陰で仲直りする事も出来ました。なのである意味では、良い経験だった気もしています。

医師なりたての私が経験した怖い先物取引

詐欺師のイメージ私は医師です。24歳で医師になり大学で勤務医として働き出しました。多くはないのですが貯蓄も出来ていいた27歳の頃、マンション投資などの様々な勧誘の電話が勤務先にかかって来るようになりました。今思えば職場の誰かが名簿を売っていたのでしょう。そのような勧誘の中の一つに「先物投資」がありました。

株などと言った金融投資の経験もなかった私ですが、ついつい甘い誘いに話を聞いてしまい、「これはいいかも」と感じてしまったのです。その後はまず250万円を会社の口座に振り込んで取引き開始です。「お金が増えたらこれを買おう、あそこに旅行に行こう」などとあれやこれや考えていたのです。

仕事中に電話を受け取ったのですが、「大きな損が生じているので追加の入金が必要」との事でした。私はこんな短期間にそのような状況が生じた事に大きな不安を覚えるとともに、本業である医師としての仕事に差し障りが生じていいていることを実感しました。

そして、そう言った事が繰り返され貯蓄の1000万円もそこが着きそうになり、いよいよ知人や両親にお金を借りる羽目になってしまいました。なんとか先物取引きからは逃れましたが、あとあと聞いた話では私が取引きした会社は有名なブラック企業とのことで、顧客の金を全て吸い尽くす会社らしかったのです。思い起こせば、途中取引きを終了させようと何度か担当者に連絡を取ろうと会社に連絡したのですが、決まって「あいにくいません」との返事でした。

世の中には怖い世界があって、かつ甘い話はないのだなあ、と実感したのです。

車で出掛けるときはお財布の確認を!

空の財布に驚くイメージ私はピアノの講師をしています。ある日、主人がレッスン先まで車で送ってくれるというので甘えて送ってもらいました。レッスンを終え、電車で帰ろうとし駅にいったときに事件は起こります。なんと、財布がないのです!そこで、一日のことを振り返った私。(主人に送ってもらって・・。。あ、昨日の鞄に入れっぱなしのままだ!)と、気付いたのです。

とりあえず帰らないといけない。でもお金がない。ATMでおろそうと思うにも、財布がないのでカードもない。どうしよう・・と、途方に暮れていた私が思い付いたのは、交番へ行っておまわりさんに相談に乗ってもらえば何とかなるかもしれない!というものでした。携帯電話で交番の場所を調べ、おまわりさんに事情を説明した私。すると、とても親切な方で、「警察の方ではお金をお貸しすることができないので、地下鉄の方へ申し出てください。そうすれば対処してもらえますよ。」との説明が。

実際に駅まで行き、駅員さんに事情説明すると、利用する地下鉄の線と駅名を全部聞かれ、それぞれの駅の駅員さんに連絡を取り、私が自宅の最寄り駅まで帰れるよう手続きをして頂く事ができました。また、運賃に関しては後日支払いという形である書類に住所、名前、連絡先等を記入することで対処して頂きました。とても恥ずかしい体験でしたが、いざとなればこのように対処して頂けるのだなと、新しい発見でした。にしても、かなり恥ずかしい思いをしたので出るときに必ず貴重品のチェックはしないといけないなと、強く反省した私でした。

バス代金が10円足りなくて困った話

並んでいるバスそれは私がまだ小学校3年生のときの話です。
兄と兄の友達とでバスと電車を使って街へと遊びに行きました。街につき向かった先はデパートのおもちゃ売り場でした。その当時私はガンダムのプラモデルが大好きでおもちゃ売り場に着いたらプラモデルコーナーに一目散に向かいました。流石はデパートです。普段はお目にかかることができない種類と量のプラモデルに私は大興奮し、帰りの交通費を残してすべてガンダムのプラモデル購入の代金に充てました。

ホクホクで頭の中では早く家でプラモデルを作ることばかり考えていました。ところが、悲劇は起きたのでした。電車の料金は大丈夫でした、ところが最後のバス代がなんと10円足りないのです。しかも、気づいたのはバスに乗ってからでした。仕方なく兄にお金を借りようとしたら、兄も余分なし、すべておもちゃにつぎ込んでいて、さあピンチです。

兄の友達に借りようにも、人からお金を借りるなど小学3年生には例え10円でも言い出せません。困り果てたところで、ついにバスは停車駅に到着、絶体絶命のピンチでした。バス代を払えずまごまご、もじもじしている私を見て何かを察してくれたのでしょう、バスの運転手さんが顎を動かして降りていいとサインを送ってくれたのです。「ありがとうございました」と大きな声でお礼を告げてその場のピンチを切り抜けることができました。

原因不明の体調不良のせいでピンチに

欠けた茶碗にのりごはん若い頃、なかなか仕事が決まらずに半年位プー太郎生活をし、やっと仕事に就いた会社はボロボロの今にも潰れそうな食品工場でした。ここは雇用保険も社会保険もかけてくれない会社でいわゆるブラック企業。その中で原因不明の体調不良に襲われて二週間位会社を休みました。その間にも何回も病院行ったので血液検査やら薬やらで出費もかなりかさみました。

もちろんパートだったので働いた時間しか給料は貰えず、その月の給料は忙しくない時期も重なり4万弱でした。実家暮らしで当時は家に2万入れて携帯代と生命保険料を払ったら手元には数百円しか残らず、貯金もほとんどなかったので取りあえず数百円で生活をしてみましたが足りる訳もなく。すぐに0になり親に申し訳ないと思いながら一万円借りてしのぎました。後にも先にも親にお金を借りたのはこの時だけです。

何も買えずどこにも行けずバス代もないので雨の日は歩いて片道30分以上かけて会社に通ってました。もちろん昼は弁当持参(前の日の夕飯の残り物等)で飲み物も持参、もしくは会社で水を飲んでいました。あまりにも惨めでこの会社にいた時は友達とも会わずに過ごしていました。まだ実家暮らしだから食べ物には困らなかったけどお金がないって本当に辛かったです。