後悔はしていませんが、フリーズしました

おしゃれなインテリア私が生きてきたなかで人生最大のお金のピンチは残高が0円になってしまったときです。今から4年ほど前になりますが、一人暮らしをしたいと思い、両親の反対を押しきって勝手に一人暮らしをすることに決めました。そしてどうしてもマンションに住みたくて15階建てのマンションに住むことにしました。

アパートよりもマンションの方が家賃は高いですし、さらに駅近にしたためもっと値段が上がってしまいました。でもその時は妥協は出来なかったのでとても満足していました。一人暮らしは初めてなので、最初から全部揃えなくてはいけません。家電品、ベット、テーブル、テレビ台、カーテン、電器などその他もろもろです。買うものすべてにこだわりました。自分の好きなデザインのものを高くても揃えました。

お陰でフレンチ風のとてもかわいい部屋を作ることができましたし、自分の部屋で過ごす時間がとても好きになりました。思いきって一人暮らしを始めてみて、自分だけのためにお金を使うことができてすごく嬉しかったし、楽しかったので後悔はありません。しかし、一人暮らしでは予想以上の出費があり、銀行のお金の残高が0円になってしまったときは、どうしようもなく一ヶ月分の生活費を両親に助けてもらってなんとか切り抜けました。

軽い気持ちのエステローンで大変なことに

エステサロン20歳、大学生の私はお肌で悩んでいました。ある日、某エステサロンから電話が。軽いアンケートに答えた所、無料で体験ができるとのこと。まだ甘い話の裏には罠があるとは知らない私は、肌の悩みのこともあり、無料体験を受けに行きました。まずは、今の状態がヤバいことを機械を使って説明されて、その後一通り、フェイシャルコースを受けました。最後に施術の説明をされ、2時間に渡る勧誘が始まりました。ローンを組めば月2万。施術と化粧品の合計50万ほどのコースだったと思います。

バイトをしていて、実家暮らしだったので、2万なら払えるとローンを組みました。そこからが転落の始まりです。通ううちに、化粧品を勧められたり、セルフエステの機械を勧められたり、コースが終わっても、新しいコースがあると言われ…まだ子供な私は断れず、全てローンを組んでしまい、月々の返済額は7万円になってしまいました。やがて就活が始まりバイトが思うようにできず、返済に困るようになります。

親に相談すれば良かったのに、頼った先はデパート系のクレジットカードのキャッシング。限度ギリギリの自転車操業の始まりです。若干22歳で、頭の中はお金のことばかり。稼いでも返済に消えていきます。暗いキャンパスライフを送っていましたが、友達がとても良いバイトをしているというので紹介してもらいました。ネットキャバクラというものです。今でいう、チャットレディのようなもので、私の時給は2000円でした。とにかく深夜まで働きまくり、半年で借金返済しました。そして数年後、過払い金を請求し、70万円ほど返ってきました。